厄年早見表

スポンサー

厄年一覧(日本国内の一般例)
前厄   本厄   後厄

性 24歳 25歳 26歳
41歳 42歳 43歳
60歳 61歳 62歳

性 18歳 19歳 20歳
32歳 33歳 34歳
36歳 37歳 38歳
一般的に男性と女性の厄年は異なり、本厄は男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳、女性の場合は19歳、33歳、37歳とされている。特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高いので十分な警戒を要するとされている。 いずれの厄年にもその前後1年間に前厄(厄の前兆が現れるとされる年)・後厄(厄のおそれが薄らいでいくとされる年)の期間があり、本厄と同様に注意すべきとされる。また、地域や宗派などによっては61歳の還暦を男女共通で厄年とする場合もある。
神社によっては、大厄のみに前厄、後厄を設け、小厄(大厄以外の本厄)には設けない場合がある。

なお数え年は、その加算日が神社によって異なり、グレゴリオ暦(新暦)1月1日とするもの、立春の日(通常は2月4日[12])とするものがある。
数え年の加算日をグレゴリオ暦1月1日とする場合
誕生日から大晦日までの期間は「満年齢+1」、それ以外の期間は「満年齢+2」で計算する。
数え年の加算日を立春の日とする場合
誕生日が元日から立春の日前日までの人の場合については、立春の日から大晦日までの期間は、前述による数え年に1を加える。
誕生日が立春の日から大晦日までの人の場合については、元日から立春の日前日までの期間は、前述による数え年から1を減じる。
前2者に該当しない場合は、前述による数え年と同じ。
なお、数え年を加算日を旧正月とする場合もあるが、煩雑となるためあまり用いられない(そもそも立春を加算日とするのも、旧正月による加算が煩雑となるため簡便化とした方法である)

スポンサー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加